スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには真面目にキューブの話

こんばんは。実習を終え一か月ぶりに関西に戻ってきました鮭くれーぷです。

この一月、のじぎくCSも出られず実習先近くのDRに行くわけにもいかず

DMから離れていましたが来月から夏のCSも本格化しますので

これから調整していこうと考えています。

のじぎくCS,vault大会の結果を見るにガイギンガとキューブを中心に

環境が回っているようです。ガイギンガ(+グレンモルト)は

説明するまでもない強さですので割愛しますが

鬼丸覇というデッキの根幹を成すカードが規制されたにも関わらず

キューブが環境上位に居座っているところに現環境の面白みが垣間見えるかと思います。

まず前の環境で見かけることの多かったヒラメキスネークが消えたことが大きな要因であることは

間違いないのでないでしょうか。3tブースト4tキューブ(ブラスター)で強力なクリーチャーを

投げつけることでしか勝機を見いだせなかったことは皆さん覚えておられるでしょう。

最大の難敵が消えたことを一つ目の理由とすると二つ目は環境がビート寄りに傾いたことを挙げたいのです。

墓地ソースにキューブリックが4投できた数か月前までは

墓地ソ―スに勝てない(アタッカーがキューブリックにバウンスされる)ことや

墓地ソース自体が攻守両面に優れていたこともあり、各種ビートダウンがプレイヤーから選ばれる

機会はごくわずかでした。(デアリシューゲイザーがビートダウンに含まれるかどうかという

議論は棚上げしておきます。)

しかし、先月からの新殿堂でクリーチャーが実質ノーコストで返されるという心配がなくなり

再び前屈みなデッキタイプ(ガイギンガ含む)に陽が当たるようになり、

そこをキューブが迎え撃つという構図が出来上がったのだと考えられます。

そして三番目にスペルサイクリカの登場を理由として紹介し終わりたいと思います。

その強力な能力は前述の対ビートダウン、ウィニー系統のデッキ戦にはキューブから捲れて

もう一度キューブを撃ったりホワイトグリーンホールを連打したり、

ハンデス相手にバトウに邪魔されず除去やキューブを撃ったりと

様々な盤面で有効に機能しています。

以上のような点以外にも、前環境終盤にハンデスの流行で斜陽化しさらには覇の殿堂という

追い打ちをくらったキューブが今環境で息を吹き返した要因はあるかもしれませんが今回はここまでに

しておきます。

もちろん、環境が変わったばかりで既存種のリペアに走りやすいこと、

カード資産に関係なくデッキを組めること、連日開催されていて気軽に扱えるデッキに

人が群がりやすいことが作用してvault大会でキューブが最大勢力となっているであろうことは

簡単に推測できますが、のじぎくCSを見てもある程度の数のプレイヤーに

選択されるデッキであることは変わりありません。皆さんはどのように対策されるでしょうか?

またはどのような構築のキューブにその身を託すでしょうか?





スポンサーサイト
プロフィール

鮭くれーぷ

Author:鮭くれーぷ
島根のエース()鮭くれーぷです!

第一回大阪CS優勝
/第六回岡山CS優勝
/2013年公式関西大会準優勝
/第二回DMグランプリ横浜準優勝
/第二回関西CS準優勝
/岐阜CSチーム戦3位
/第三回静岡CSチーム戦3位
/2014年公式関西大会4位
/プラスワンcs4位
/2010年公式中四国大会ベスト8
/和歌山CSベスト8
/第四回浜松CSベスト8
/第四回関西CSベスト8
/第六回関西CSベスト8
/第五回浜松CSベスト8
/大分湯けむりCSベスト8
/第七回関西CSベスト8
/おやつCS2013中部関西大会ベスト8
etc…
ツイッター
https://twitter.com/#!/SakeIzumo

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
かうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。